イオンで働く薬剤師の残業について

イオンで働く薬剤師の残業

調剤薬局や医療機関の院内薬局では時折残業が生じます。当日の診察患者が多かったり、棚卸などがあったりすると、就業までに仕事が終わらず残業になってしまうことがあります。多く収入を得たい人であれば残業を多めにしたいと思うことでしょうし、子育て中の方や体力にあまり自信がない薬剤師であれば、残業はあまりしたくないと思うことでしょう。イオンの調剤薬局やOTCにおいても時折残業が発生することがあります。事前に知っておくと良いポイントとして、残業時間が平均してどの程度あるのか、残業はどれくらいの割合で発生するのかという点です。

残業の時間についてですが、イオンリテールでは薬剤師を含め正社員の勤務時間を週40時間と定めています。年間就業時間を定めその範囲内で仕事を行なうことになります。そのため残業が発生した場合、就業規則で定められた年間就業時間の範囲内に収まるように調整を図ります。残業が発生した場合、翌週や他のシフトの際に残業分が勤務時間から削られることになり、実質的な就業時間が就業規則で定められた時間内に収まるように調整されます。イオンは流通大手企業ゆえに、社会的な規範を守る点でリーダー的な役割を果たす必要がありますから、就業規則で定められた範囲で仕事を行なうよう徹底しています。

仮に残業が発生した場合には、時間外労働手当が支給されます。就業規則で定められた額の手当が支給されるため、働いた分だけ報酬で評価されるシステムになっています。残業が発生する場合として、診察患者が多かったり、何らかのトラブルで閉店業務が長引いたりすることが理由として挙げられます。さらには新規オープンの場合、開店前の品出しや売り場づくりが間に合わず、残業が発生する場合もあります。加えてパートやアルバイトが不足し、穴埋めとして残業をすることになる場合もあります。

残業の平均的な時間については非公開ですが、詳しい情報を入手したいと思う場合には、転職エージェントのサポートを活用することが大切です。転職エージェントは転職を支援するコンサルタントのことで、転職に必要な情報提供に加えて、イオンでの薬剤師勤務に関する様々な情報を持っています。これまでの転職支援経験に基づいた信頼性の高い情報提供ができるため、安心して仕事探しができるというメリットもあります。転職を成功させた多くの先輩たちが利用しているのが転職エージェントのサポートです。サポートを積極的に活用して転職を有利に進めてください。

イオンの薬剤師求人の人気エージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア

エムスリーキャリア

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
今、人気のサイト