イオンで働く薬剤師の転勤について

イオンで働く薬剤師の転勤事情

イオンの薬剤師はイオンの社員として勤務するため職種により転勤が発生します。流通業界は転勤が多いといわれますが、薬剤師勤務の場合は他の部署に比べると転勤のスパンが長いという側面もあります。その理由は地域社会に親しまれるヘルスケア事業を提供するという企業方針が関係しています。薬剤師が頻繁に変わることで、患者との間に築かれた信頼関係が再びリスタートしてしまうことにもなりかねず、患者離れを招く可能性があるからです。ヘルスケアの拠点として地域社会になじむという意味でも、長期にわたって勤務する薬剤師がいる場合もあります。ただし総合職の場合は全国に転勤する可能性があります。

薬剤師の総合職はスーパーバイザーなどの役割を兼任することがあります。またヘルスケア事業において新たな事業をスタートする場合もあり、営業支援策として他の地域へ転勤する場合もあります。総合職の場合イオンの薬剤師の転勤事情は3年のスパンが基本ですが、新規出店に伴う人材の補充が生じた場合には半年や一年で転勤する場合もあります。他の企業と比較しても転勤のスパンはちょうど良いと言えるでしょう。総合職勤務の場合は勤務地の希望を考慮されることもありますが、たいていの場合は全国各地のメディカルモールや調剤薬局へ転勤するケースが目立ちます。赴任先では役職付となり手当が増額されるなどのメリットがあります。

総合職とは別に地域専任職で勤務する薬剤師もいます。地域専任職とは全国を4ブロックに分けてそれぞれのブロックで勤務する薬剤師のことです。総合職のように赴任先が全国になるわけではありません。エリアは4つに分かれており、東北ブロック、関東ブロック、東海・北陸ブロック、近畿・四国・九州ブロックから成り立っています。同じブロック内での転勤がありますが、総合職に比べると転勤のスパンは長く、ある程度希望も考慮してもらうことができます。

転勤のない勤務を希望する場合には契約社員かパートでの勤務を選択することができます。契約社員の場合は近隣の移動はあるものの、正社員のような全国規模の転勤はありません。報酬も年収500万円から600万円ほどと悪くはなく、薬剤師として報酬アップを目指したい方に向いています。また定年後に薬剤師資格を生かしたい人や、薬剤師資格を持つ主婦が資格を生かして仕事をしたいという場合にはパートタイムがおすすめです。時給は平均2500円と高い給与水準が魅力になっています。

イオンの薬剤師求人の人気エージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア

エムスリーキャリア

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
今、人気のサイト